2014年09月20日

#105_なんだかんだで打感てなんだ


なんでしょうね。寒くなってきましたまつおです。

本日も先週の続きといいますか、いまさらボールマーカープレゼントにいただいた、お答えしたほうがいいものかそうでもないものかと思うようなメッセージにお答えしたりお答えしなかったり脱線したりぜんぜん関係ないことを話したりしている気がします。なんかすいません。例によってご紹介しないとお約束しておりましたので、何かお答えしたほうがよいようなメッセージを選んでお名前を伏せてご紹介しておりま・・・したらなにやら話が長くなってしまいました。

皆様からのコメント・レビュー心よりお待ちしております。
#基本的にブログのコメント欄への書き込みを番組への投稿として取り扱っております。メール・Facebookなどへの書き込みを番組で取り上げてほしい場合は是非その旨併記下さい。

※コメントいただいた皆さんへのお礼として、ご希望の方にまつおのレア音源ファイルをお送りしております。ご希望でしたら別途 imasaragolf@gmail.com へメールをお待ちしております。忘れがちなので、できれば逐一メールいただけると嬉しいです。現在、4月分(4回)5月分(5回)6月分(4回)7月分(5回)8月分(4回)のセットがご用意出来ています。基本的にはコメント一回ごとに一ヶ月分のファイルURLをお送りしようと思ってます。誰に何月分を送ったかも管理が難しいので「何月分をくれー」って言っていただけるととても助かります。

当番組の過去配信については
上記URLのBOX.COM のサービスに置いております。
リンク先でダウンロード可能ですので過去配信もお楽しみ下さい。

補足などは全てFacebookページにてフォローして
posted by いまさらきけないゴルフ at 00:00| Comment(5) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今さら聞けないゴルフ松尾さん、まこっちゃん、ゴルフに良い季節になってきましたね。いつも欠かさず拝聴させて頂いております。さて、前回、豊永志帆プロの一件で豊永プロのお人柄の素晴らしさ、当たり前なのかも知れませんが、やはりなかなか出来ないものですよ。男子プロで言えば、私は毎年、ダンロップフェニックスに行きますが、人柄の良さで際立っていたプロは、宮本勝昌プロです。昨年は松山英樹くんも参加していましたので、確実に見るために、何番ホールか忘れましたが、セカンド地点近くで陣取っていました。ティーショットでフェアウエーにボールがあればセカンドは、さほど難しくなくパーオン出来る様ですが、最もアマチュアとプロの差を感じるラフからのショットを感心しながら見ていました。ここから印象深いシーンだったのですが、ある組で中◯常◯プロの打った玉が私の目の前の深いラフに。プロは少々ご機嫌斜めで、ブツブツ文句を言いながら、ラフに入るとボランティアの方が白い小さな旗のついたマークの棒を刺してくれるのですが、棒を抜くなり、ビシュッと投げ捨てました。そんなところにすてたら探せなくなるだろうと、驚きはしましたが、この年でカッカと頭に血が上るとは、シニアとはいえ今でもレギュラーの試合に出るだけの元気があるのはすごいです。しかし、そんなカッカ来た状態ですから、ショットはヘロヘロ玉でグリーン届かず。それとは本当に対照的でした。その後の組でラフに打ち込んだ宮本プロ。ボランティアの方が刺してくれていたマークの棒を抜いて、周りをキョロキョロしながら、丁寧に、ニッコリ。ボランティアの方にスミマセンと言って渡していました。逆にもう少しプレーに集中して下さいよと言いたくなる位周りに気を遣ってらっしゃいました。だから私はチーム芹澤が大好きです。すみません、話が長くなりすぎました。
Posted by スノーマン at 2014年09月20日 22:36
ご無沙汰しております。

以前、父親と初ラウンドする、とお話してから、しばらくぶりのコメントです。


お盆休みに父とラウンドしてきました。
ちなみに、父はゴルフ歴半年ほどの初心者です。
始めは緊張が隠せない様子でしたが、3ホール目には、打球がさほどバラけず、終盤になるとカートにも乗らず、ゆったりコースを歩くほど、落ち着いていました。
相乗りで、ゴルフ場まで行ったのですが、帰りには「あとは、グリーン周りだな」など呟いていました。
大たたきしているし、突っ込みどころは、沢山ありましたが、満足そうな父の気分を、損ねるのも悪いので、その場では適当に相槌を打つことにしました。

また、休みの日が会えば、父と練習場に行くこともあります。父と遊ぶようなことが、大人になってからできるとは思っていなかったので、共通の趣味ができて良かったな、と最近は感じています。


105回放送で話が出ていましたが、某ゴルフショップの試打会に行ってきました。試打会自体は3回目です。
試打会での悩みがあります。
それは、自分の中でのナイスショットが出ても、スタッフの方が無言でいること。確かにベストショットではないですが、調子は悪くない。
これが、2・3球続くと、私も首をかしげてみたり、素振りをしてみたりします。ティーの高さも変えたりもします。
そして、気を使って疲れてしまいます。
Posted by らうんとりー at 2014年09月21日 23:58
Posted by ひぃひぃ at 2014年09月22日 09:07
まつおさんのR-1ドライバーのシャフト3本抜き差しで打感がどうのというお話し興味深く聞かせていただきました。私は最近アイアンが重くて振り切れてないと感じており、(シャフトはKBSツアーです)今まで曲がるのがいやでカーボンは使わなかったのですが、最近アイアン用のカーボンシャフトも良くなったということで大変気にいってます。そして自分でそう思った んですがクラブの設計どうりのナイスショットをすると、元調子というのかシャフトの手元の方でカクっとしなるのがわかるんです。メーカーのホームページに元調子と書いてあるので間違いありません。打感とは違いますが、
シャフトのしなりを感じてスイングする楽しさを感じてます。
Posted by ひぃひぃじじぃ at 2014年09月22日 12:50
初めまして。まつおさん、マコトさん
いつも楽しく拝聴させて頂いています。
先日マーカープレゼントコメント(レフティについて)を読んで頂きましたタコスケと申します。

私は日頃東京都内から千葉県まで通勤しているのですが、片道1.5時間かかるのでいつも電車内で半分寝ながらボーっとお二人の話を聴いています。
ですが先日コメントを読んで頂いたときはさすがに目が覚め、一人でニヤニヤしてました。怪しいですね(汗)。

さて、レフティの苦悩についてです。
まずはルールに疑問を持ったきっかけから。
私はもちろんゴルフ好きなのですが、プロ野球も好きです。特に、最近○○女子など話題になっている赤がチームカラーの某地方球団の大ファンです。
いつものように野球を観戦していて、ふと気づきました。
バッターボックス(攻撃側の打者がバットを振り回す場所)がホームベースを挟んで左右に二つある!左バッターボックスのほうが、打った後目指す一塁には(ほんの数十センチ?ですが)近いので当然有利なはず。
そういえばあのイチロー選手も左打ちで内野安打を打ちまくっていますしね。

右打者は距離のハンデを負ってプレイすることがルール上決まっているのか・・・。
ではゴルフはどうなんだろう、ここはルールにお詳しいお二人に聞くしかない!と思った次第です。


自分が感じるレフティのハンデというと、レフティあるあるになりますが

・クラブが少ない
いつもクラブはネットオークション等で購入しています。もちろん試打などできません。一か八か買ったクラブに自分を合わせます。
グローブも在庫が少なくて困ります。
・練習場が少ない
いつも端っこでコツコツ練習です。友人達と一緒に練習場に行っても結局一人です・・。ただ、逆に練習場が満席でも左打席だけ空いていることもありますね。
・コンペで迷惑をかける
  内輪のコンペを定期的にやっているのですが、レフティがいるため景品の選択に苦慮すると幹事がこぼしています。クラブはもってのほか、練習器具も制限されますので、景品はいつもボールやアクセサリーです。

そういえば実際のコース上では特にハンデを感じたことやルールで迷ったことはないですね。
そもそもドローやフェード、ボールの高低を打ち分けられるほどの腕があれば利き手なんぞどっちでもいいんでしょうね。

長文となりましたが目を通して頂きありがとうございました。
これからも配信を楽しみにしております。朝晩は涼しくなってきましたのでご自愛下さい。


追伸 前記のようにいつも長時間電車に乗っているので・・・「いまさらゴルフ」、2時間番組になりませんかね?あるいは週3〜4回配信に(笑)
Posted by タコスケ at 2014年09月28日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: